舌ケアタブレットと舌ブラシの比較と効果

舌のケアタブレットと舌ブラシの差と効果の比較

舌ブラシと舌ケアタブレットの効果を比較 
舌ケアタブレットと舌ブラシはどちらが効果があるの?とういことで、この両方の比較についてです。

 

タブレットがどのようなものか使用したことがないと気になるところだと思います。

 

結論をいうと「使用するものによる」というのが結論です。

 

舌ブラシは、どれを使用してもさほど変わりはありませんけど、舌ケアタブレットについては使用するもので差が開きます。

 

舌のケア商品はたくさんの種類があるわけではありませんが、舌の汚れを落とすのに、ケアをするための方法がメーカーによって違います

 

そのためどうしても差が開いてしまうことになるので、必ずタブレットの方が良いとは言い切れないこともあります。

 

使用するものによる、というのが結論になります。

 

その使用するものが、正しい選択になっていればタブレットの方が良いことになります。

 

どのようなことかお伝えします。

 

 

舌ケアタブレットと舌ブラシの効果の差について!

舌ブラシの効果の詳細について 
最初に舌ブラシがどのようなものか知ることで、どこまで舌のケアができるのか分かると思います。

 

舌ブラシの効果を話すときは、いつも台所の掃除で例えると分かりやすいようなのでその内容を話しますが、台所にあるスポンジを舌ブラシとイメージしてほしいのです。

 

そのスポンジで洗剤を使用して台所、シンク周りを洗うとそこそこキレイになると思います。

 

ですが、同じスポンジでも、洗剤も使用せずに、さらにキレイにさせるスポンジがあります。

 

ホームセンターやどこでも手に入る、白色の発泡スチロールのようなスポンジをみたことがないでしょうか。

 

価格も安く100円ショップなどにも置いてあるはずです。

 

こんなやつです。

 

激落ちくん

ハサミで切って使用できて、洗剤を使用せずに水に濡らして台所周りなどをこすると、普通の食器を洗うスポンジから比べると、とてもピカピカにさせることができます。

 

なぜ汚れの落とし方に差がでてしまうのかは、キメの細かさになります。

 

この発泡スチロールのようなスポンジは、ミクロン単位で構成されているために汚れが良く引っかかり、落とすことができます。

 

通常のスポンジは、そのキメが荒いために汚れが中途半端になった状態で残ってしまいます。

 

舌ブラシは、この普通のスポンジと同じことで、舌苔をすべて落とそうとしても、表面上のものしか落とせないということです。

 

菌の大きさは、1mmの1/1000の単位のマイクロメートルが使用されますが、ここまで小さいと人間の目で確認することができません。

 

そのような細菌が舌に多くなることで、舌を汚しているようにみせます。

 

細菌の集まりなので、ほっとくとどんどん増えていくことになります。

 

細菌は増殖することしかできなく、自分達でその増殖を止めることができないためです。

 

そのような小さな生物を、荒い舌ブラシの毛先や先ですべて落とすことは、とても困難なことになります。

 

そして舌は台所のように平面ではなく、山のようなおうとつの集まりになっています。

 

舌の構造は歯ブラシのようにあおうとつの集まりになっているので舌ブラシですべて取ることは不可能尾である

例えでいうと歯ブラシをイメージすると分かりやすいと思いますが、そのようなイメージです。

 

歯ブラシの毛先は簡単に掃除ができたとしても、その毛の根本や隙間を掃除しようとすると、どのくらい大変か分かると思います。

 

舌も歯磨きの根本や隙間にたくさんの菌がいるので、舌にいる菌は増えやすい環境があることになります。

 

ですが、びっしりと舌に舌苔がついているのであれば、大まかな汚れを取るのには役立つことにはなります。

 

人間の目で確認できる範囲は取れているということです。

 

それ以外は手品のように見えないので、すべて取れたように錯覚をさせます。

 

そのため舌が汚れやすい人は、数日するとすぐに元通りになるはずです。

 

また、舌の表面は粘膜で構成されているので、ブラシの使用のしすぎはおすすめできません。

 

粘膜というのは、分かりやすくすると消毒がしみるような場所です。

 

あまり強くできていません。

 

まとめると舌ブラシは、見ている表面上の細菌を取るのに役立つアイテムということになります。

 

タブレットの場合は唾液で溶かして舌に水分を浸透させるので、隙間や根本まで成分が届くことになります。

 

 

舌ケアタブレットは使用するものでどのような差があるの?

舌ケアタブレットの種類と効果について 
次に舌ケアタブレットですが、確かに舌ブラシと違って、舐めて使用するので舌の見えない隙間などに成分が入り込むことができますが、中に何が使用されているかで差が開くことになります。

 

それがただのレモンの成分だと、意味のないものになってしまうのは分かると思います。

 

舌苔と呼ばれる舌の汚れは、先ほど話した通り、ほとんどが細菌の集まりです。

 

舌のプラークなどとも呼ばれているようですが、その細菌と少量の口の中の代謝物がついています。

 

代謝物というのは、口の中で古くなった皮などが剥がれた組織の集まりのことです。

 

それに食べかすということになります。

 

舌ケアタブレットは大きく2つに分かれますが、分解をするものと細菌を除去するものと、この2つです。

 

舌ケアタブレットは大きく2つの働きに分かれる 
どちらのものも悪いものではありませんが、効果をみると細菌を除去させるタブレットの方が良く落ちることが分かります。

 

分解するものでは、食べかすなどを分解することができても、菌を分解させることはできません。

 

そのため、大きく舌の汚れが残ってしまします。

 

一方、菌を除去するタブレットの方は、舌にはほとんどが細菌のため、かなりの確率で舌苔を落とすことができます。

 

どちらを使用するかで、タブレットでも差が開いてしまうことになります。

 

そのようなことから、分解という働きもあって、さらに菌も抗菌や殺菌できるものがタブレットに使用されていれば最高ということになります。

 

そのタブレットを使用することで舌ブラシよりも比較にならないほど差が開くことになります。

 

そのようなものが一つだけあるので、下記にまとめてみましたので後で参考にしてみて下さい。

 

使用するとすぐに実感することが分かります!

 

 

優れた舌ケアタブレットまとめ

 

 

舌ケアタブレットランキング

舌ケアタブレット特徴

スポンサードリンク


関連ページ

舌ケアタブレットでおすすめで間違いがないもの!その特徴と実感力
舌ケアタブレットでおすすめで間違いがないもの!その特徴と実感力についてです。舌のケアのタブレットで強力なタブレットを1つだけ消化しています。舌苔だけではなく歯周病、口のネバネバ、虫歯、口臭など総合で対応したタブレットになります。詳細についてです。
舌ケアをするタブレットで確実なものを知りたい!
舌ケアをするタブレットで確実なものを知りたい!ということで舌ケアするタブレットで効果的なものを紹介しています。舌の臭いが取れない、舌が汚れやすい、口臭があるなどそようなものに対応したものになります。どのようなものが効果的な舌ケアタブレットなのかお伝えします。
優秀な舌ケアをするタブレットは自然に近い状態で取れる!
優秀な舌ケアをするタブレットは自然に近い状態で取れる!についてです。舌苔がすぐについてしまう、中々白い汚れが取れないなど悩んでいる人におすすめなのか舌ケアをするタブレットです。舌が白くなる原因とどのような舌ケアをするタブレットを使用すれば良いのかお伝えしています。
舌ケアをするタブレットは細菌を除去して口臭予防が簡単
舌ケアをするタブレットは細菌を除去して口臭予防が簡単!についてです。舌ケアをするタブレットで舌についた細菌をなぜ簡単に落とせるのかお伝えしています。舌には舌のプラークと呼ばれる口臭の原因になる細菌や病原菌がたくさんいてそれを舌苔と呼んでいますがどのようなことか参考にして下さい。
舌ケアのタブレットでおすすめのランキングとグッズ
舌ケアのタブレットでおすすめのランキングとグッズの口コミについてです。優れた舌ケアをするタブレットと舌ケアスプレーなどのグッズのオススメをランキングにしています。実感が早く本格的に舌ケアをするタブレットとグッズで口臭の予防にお役立て下さい。
高齢者の舌ケアにタブレットがおすすめできる理由は?
高齢者の舌ケアにタブレットがおすすめできる理由は?についてです。高齢者の舌ケアにタブレットがおすすめできるのはキズをつけることがなく舌の汚れを取ることができるためです。安心で安全な状態で舌苔を取ることができるのが理由です。その詳細についてお伝えしています。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ タブレットの口コミ 舌の汚れ対策 ドライマウスと口臭