舌の汚れとりに歯ブラシを使用する危険性

舌の汚れとりは歯ブラシを使用してはいけな理由と解決方法

舌の汚れとりは歯ブラシを使用してはいけな理由と解決方法 
舌の汚れ取りは歯ブラシを使用するとダメだと聞きましたが本当でしょうか?

 

とのことので舌の汚れと歯ブラシについてです。

 

結論をいうとダメでしょう・・

 

歯ブラシも今は色々なものが販売されていて、硬い毛のもの普通のもの、柔らかいもの、などいくつか種類があります。

 

メーカーによっても特徴なども違い、ドラックストアなどにいくとたくさんあるので、どれが良いのか分からなくなることもあります。

 

そのようにたくさんの種類の歯ブラシがありますが、何を使用したとしても歯ブラシで舌を磨くことはおすすめできません。

 

これは舌ブラシを使用したとしても同じことです。

 

歯ブラシや舌ブラシがダメということではなく、そもそも舌は磨くことに適した場所ではありません

 

歯ブラシがダメで、舌ブラシの場合は良いというのもおかしな話です。

 

歯磨き、舌ブラシを使用したとしても、そもそも全部の汚れを取ることはできないはずです。

 

全部取ることできないので、その繰り返しになってしまいます。

 

ただ、歯ブラシよりは舌ブラシの方がまだマシの用な感じです。

 

どのようなことかお伝えします。

 

 

舌の汚れとりは歯ブラシを使用してはいけな理由は?

舌の汚れとりは歯ブラシを使用してはいけな理由は? 
舌は表面は粘膜と言われるもので覆われていて、粘膜というのは消毒薬がしみるような場所のことです。

 

目、耳の中、鼻の中、口の中、肛門、膣、尿道、食道、胃腸などたくさんの場所に粘膜は存在していますが、そのような場所は「こする」や「磨く」ということに適していないとうことです。

 

目にもときたまホコリなどの汚れがつくことがありますが、その汚れを取るのに歯ブラシを使用する、または舌ブラシを使用する、これはどちらもダメだということです。

 

粘膜に傷をつけることになるからです。

 

傷の深さでいうと歯ブラシよりは舌ブラシの方が、まだ傷が浅くなるようなイメージです。

 

粘膜というのはそれだけもろく、壊れやすい存在で、役割は外部の細菌やウイルスなどを体に侵入させないための防御膜の役割をしています。

 

それをわざわざ剥がす必要性はないはずです。

 

その防御している粘膜が剥がれることで、組織自体に傷がつきやすく、また細菌がそこに繁殖しやすくなります。

 

舌もこれと同じことで、粘膜がなくなることで細菌が繁殖しやすい環境を作るので、同じことの繰り返しになるはずです。

 

歯ブラシや舌ブラシは一時的なケアになってしまいやすく舌の汚れはあまり取れない 
歯ブラシにしても舌ブラシにしても一時的なケアになってしまいます。

 

ただ、使用するのであれば歯ブラシではなく、舌ブラシの方がダメージは少ないことになるので、舌ブラシを使用した方がまだ良いことになります。

 

硬い歯でさえ歯ブラシで傷がつきます。

 

歯にはエナメル質というので覆われていて、エナメル質とうのは身体の中で最も硬い組織のことです。

 

リン酸カルシウムと有機物、水で構成されていて、そのエナメル質の下が象牙質となっています。

 

その硬い組織でもあるエナメル質さえ歯ブラシで傷がつくということです。

 

その傷に歯垢や着色が付着して、歯の透明感などが失われていきます。

 

そのような硬いエナメル質にもブラシは傷をつけるので、舌を磨くことでどのようになるのかはイメージができると思います。

 

とはいっても、舌苔が多くなると口臭の原因になるので、やむを得ない状況で使用する場合は、舌ブラシを使用したとしても、とにかく優しくです。

 

舌苔がないのであれば無理にケアをする必要はありません。

 

本来はケアを必要としない場所だからです。

 

ですが、そのようなリスクがないケア方法もあります。

 

 

舌の汚れを安全に取る方法は舌ケアタブレット?

舌の汚れを安全に取る方法は舌ケアタブレット? 
舌にキズやダメージを与えなく、リスクがなく舌の汚れを取るには、舌のケアができるタブレットがおすすめです。

 

舌をケアするタブレットといっても、しっかりと取れるものもあれば、あまりそうでもないものに分かれますが、基本的には舌についた細菌を除去できる成分が使用されていることです。

 

舌の汚れが多くなるのは、食べかすが多くなるのではなくて、舌に細菌が集まり、それが舌全体に広がることで、舌を汚れたようにみせ、最終的に口臭の原因になります。

 

舌が汚れると悪臭が発生しやすいのは、そのような細菌が舌に多くなることで悪臭成分を発生させ、その臭いが空気中に分散することで、口からの臭いが強くなります。

 

舌に汚れがつきやすくなるのは、加齢やストレス、ドライマウスなどの影響で唾液の分泌量が減る、口呼吸など原因がありますが、細菌が増えやすい環境が口腔内になるために舌が汚れやすくなります。

 

舌をケアするタブレットといっても、その細菌自体を減らすことができる成分が配合されていないと、意味が全くないとはいえませんが、効率的に汚れを落とすことが困難になってきます。

 

タブレットなので、唾液に溶かして使用するので、その唾液に含まれる成分が細菌に届くために効率よく細菌を減らし、舌をキレイにしてくます。

 

水の分子と細菌の大きさは、ほぼ同じ大きさのため成分が届きます。

 

舌は思っている以上に複雑で、マンガの草むらのような構造になっています。

 

その草むらのような隙間に水分は入り込むことができるので、キレイに取ることができることになります。

 

おすすのものであれば下記のものを参考にして下さい。

 

使用するとすぐに分かります!

 

 

舌ケアブレット

 

 

舌ケアタブレットランキング

舌ケアタブレット特徴

スポンサードリンク


関連ページ

舌の汚れを落とすのにガムを使用した方法は効果的!?
舌の汚れを落とすのにガムを使用した方法は効果的なの?ということで舌の汚れにガムを使用した効果についてです。ガムで唾液の分泌量を増やすことができるので舌の汚れを落とすことや口臭などにも役立つことになりますがその詳細についてお伝えしています。
どうして舌の汚れが取れないの?取る方法と口臭について
どうして舌の汚れが取れないの?取る方法と口臭についてです。舌の汚れが取れないとう人の原因と舌の汚れを落とす方法をお伝えしています。舌の汚れは細菌と口の中の代謝物が多くなることで舌が白くなります。その解決方法にタブレットなども紹介しています。
舌の汚れにハチミツは効果がある?口臭予防にもなるのは本当?
舌の汚れにハチミツは効果がある?口臭予防にもなるのは本当のなの?ということで舌の汚れとはちみつの効果についてです。ハチミツは確かに舌の汚れに効果はありますが純水のものに限られてきます。それ以外のハチミツがあることになりますがどのようなことか参考にして下さい。
舌の汚れはパイナップルで取れるのは本当なの?
舌の汚れはパイナップルで取れるのは本当なの?ということでパイナップルの効果についてです。確かにパイナップルは分解酵素が含まれているために舌の汚れ、舌苔には役立つことになりますが一部の汚れを落とすことにとどまります。どのようなことか参考にして下さい。
舌の汚れはラクトフェリンで落とすことができる!?
舌の汚れはラクトフェリンで落とすことができる!についてです。舌の汚れの原因になるカビの仲間でもある細菌をラクトフェリンは除去できるために効果があります。口腔内全体の細菌を減らすことができるので口臭ケアとしても活躍しますがどのようなことかお伝えします。
舌の汚れと口臭にタブレットでおすすめと効果について!
舌の汚れと口臭にタブレットでおすすめと効果についてです。舌の汚れを取るのと口臭の発生を防ぐための優れたタブレットを紹介しています。舌の汚れはタブレットで取ることが安全で取ることができますが使用するものによっても変わります。どのようなことか参考にして下さい。
舌の汚れ落としにおすすめの口臭ケアスプレー
舌の汚れ落としにおすすめの口臭ケアスプレーの効果についてです。舌の汚れ落としに便利な口臭ケアスプレーを使用することで舌の汚れ、舌苔を効率よく安心して除去することができます。市販で販売されているスプレーではなく本格的な口臭ケアスプレーになります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ タブレットの口コミ 舌の汚れ対策 ドライマウスと口臭