舌の汚れを落とすのにガムを使用すると口臭にも効果がある?

舌の汚れを落とすのにガムを使用すると口臭にも効果的!?

舌の汚れを落とすのにガムは効果的な方法なのかについて 
舌の汚れを落とすのにガムを使用した方法は効果的なの?ということでガムについてです。

 

これは実際に試してみた方が、本当は分かりやすいと思います。

 

ガムはコンビニなどでもすぐてに手に入るものなので、今日からでも試すことが可能です。

 

結論からいうと舌の汚れにガムを使用することで間接的な効果はあります。

 

「もの凄く」という意味ではなくて、プラスになるの?マイナスになるの?と聞かれたとするとプラスにはなる、ということになります。

 

数字でいうと10に対して1ぐらいの影響を与えることができるようなイメージです。

 

ですので、決してマイナスではないことが分かると思いますが、どのようなことかお伝えします。

 

 

舌の汚れを落とすのにガムを使用した間接的な効果とは?

舌の汚れを取るのにガムが効果的なのは噛むという行為をするから。 
舌の汚れというのは見た目的な事で、本来は汚れではなくて「細菌の集まり」になります。

 

その細菌と微量の口の中のカスみたいなものが集まって舌を白く見せています。

 

それを汚れと呼ぶこともありますが、正式には舌苔といいます。

 

舌苔というと分かりづらいイメージがあるので、舌の汚れと呼ぶことが多いかもしれません。

 

その舌の汚れを取るには、舌にいる細菌の除去ということになります。

 

その細菌を除去するものが方法として当てはまり、舌の汚れと口臭を抑えることができまます。

 

ガムが間接的に効果があるのは、ガムに何か舌の汚れを落とす成分が使用されているのではなくて、ガムを噛むことで唾液の分泌を促すことができるためです

 

極端にいうと食事をしているときに咀嚼の回数を増やすことで唾液量が増しますが、それと同じ効果ということになります。

 

唾液というのは、舌の汚れをつきづらくさせることができて、さらに汚れを取る作用があります。

 

だからといって唾液に似た水分を取ったとしても舌の汚れを落とすことはできません。

 

唾液には、たくさんのものが含まれていますが、舌の菌を除去する抗菌と殺菌成分が含まれいます。

 

その成分があるために口腔内全体や舌に多くの細菌が増殖しないようになっています。

 

成人までは唾液の分泌量が安定していますがそこから老化が始まり唾液の量が減ってくる 
そのため唾液の分泌量が多い成人までの人は、舌の汚れをあまり気にしたことがない人が例外を除いてほとんどです。

 

ですが、成人を過ぎるとこれは体全体にいることですが、老化というものが始まります。

 

その人によって老化の速度は違いますが、肌や視力、骨、筋肉、内臓など体全体の機能が徐々に落ちていきます。

 

20代ぐらいであれば、その衰えをあまり感じないと思いますが、30代ぐらいになると自分でもその衰えに気がつき始めます。

 

40代になるとそれが顕著に表れ、50代はそれを引きずり、60代ぐらいで歩き方やその様子から足腰が弱っていることが分かるようになります。

 

唾液の分泌量も同じく、加齢とともに徐々に分泌量が落ちていきます

 

その分泌量が低下するスピードはその人によっても違い、生活環境や日常生活の外部からの影響で変わることになります。

 

唾液の分泌量が減るということは、先ほど話した通り、口の中の菌を除去する成分が少なくなるということですから、舌の汚れやその他の口腔内トラブルが起きやすくなります。

 

その唾液の分泌量を増やすのに「噛む」という行為は、一時的にでも増やすことができるので効果があるということになります。

 

「噛む」ということがポイントなので、ガムでなくてもイカのスルメやタコなどを食べても同じ効果になります。

 

 

舌の汚れにガムに使用されるキシリトールは効果があるの?

舌の汚れにガムに使用されているキシリトールは効果があるの? 
ガムに使用されるキシリトールは、舌の汚れを落とすのに効果があるの?という質問が結構多いのですが、効果がないわけではありません。

 

キシリトールとは人間も持っている物質で肝臓でも10%前後生産されています。

 

果物や野菜にも含まれています。

 

プラム、イチゴ、カリフラワー、ナス、レタス、ほうれん草などです。

 

シラカバという木から取れるとこでも有名です。

 

そのような天然のものがありますが、天然から抽出するとなると生産性が上がらないために、ほとんどのガムに使用されているものは食品添加物として使用されています。

 

天然と構造はほとんど変わらないので、食品添加物であっても安心して使用することができます。

 

働きは虫歯になりづらい「甘味」というのが口の中での働きになります。

 

普通に糖分をガムに含ませて噛んでしまうと、その糖分からミュータンス菌という
虫歯菌が増えてしまうために虫歯になりやすくなります。

 

そのガムの影響からの虫歯を抑えることに効果があることになりますので、キシリトールをたくさん食べると虫歯予防になることとは少し違います

 

キシリトールをたくさんとっても虫歯菌が減るということではありません。

 

「ガムは普通は糖分が使用されているものが多いので、そのガムを噛むと虫歯になりやすくなるけど、キシリトールが配合されているガムであれば虫歯になりづらいよね」ということになります。

 

すべての食品、ケーキやチョコレートなどを含め甘味がキシリトールになれば虫歯の予防にはなると思います。

 

虫歯菌を殺菌するような成分ではなくて、虫歯菌を増やさない「甘み」とうことになります。

 

ただ、キシリトールには若干ですが、唾液を促す作用が確認されているので舌の汚れを取ることにはプラスにはなります。

 

 

舌ケアタブレットランキング

舌ケアタブレット特徴

スポンサードリンク


関連ページ

どうして舌の汚れが取れないの?取る方法と口臭について
どうして舌の汚れが取れないの?取る方法と口臭についてです。舌の汚れが取れないとう人の原因と舌の汚れを落とす方法をお伝えしています。舌の汚れは細菌と口の中の代謝物が多くなることで舌が白くなります。その解決方法にタブレットなども紹介しています。
舌の汚れにハチミツは効果がある?口臭予防にもなるのは本当?
舌の汚れにハチミツは効果がある?口臭予防にもなるのは本当のなの?ということで舌の汚れとはちみつの効果についてです。ハチミツは確かに舌の汚れに効果はありますが純水のものに限られてきます。それ以外のハチミツがあることになりますがどのようなことか参考にして下さい。
舌の汚れはパイナップルで取れるのは本当なの?
舌の汚れはパイナップルで取れるのは本当なの?ということでパイナップルの効果についてです。確かにパイナップルは分解酵素が含まれているために舌の汚れ、舌苔には役立つことになりますが一部の汚れを落とすことにとどまります。どのようなことか参考にして下さい。
舌の汚れはラクトフェリンで落とすことができる!?
舌の汚れはラクトフェリンで落とすことができる!についてです。舌の汚れの原因になるカビの仲間でもある細菌をラクトフェリンは除去できるために効果があります。口腔内全体の細菌を減らすことができるので口臭ケアとしても活躍しますがどのようなことかお伝えします。
舌の汚れとりは歯ブラシを使用してはいけないの?
舌の汚れとりは歯ブラシを使用してはいけないの?ということについてです。結論からいうと歯ブラシであっても舌ブラシであっても舌をこするとうことはおすすめできない方法になります。舌の汚れになぜブラシ等が良くないのかその理由と解決方法についてお伝えします。
舌の汚れと口臭にタブレットでおすすめと効果について!
舌の汚れと口臭にタブレットでおすすめと効果についてです。舌の汚れを取るのと口臭の発生を防ぐための優れたタブレットを紹介しています。舌の汚れはタブレットで取ることが安全で取ることができますが使用するものによっても変わります。どのようなことか参考にして下さい。
舌の汚れ落としにおすすめの口臭ケアスプレー
舌の汚れ落としにおすすめの口臭ケアスプレーの効果についてです。舌の汚れ落としに便利な口臭ケアスプレーを使用することで舌の汚れ、舌苔を効率よく安心して除去することができます。市販で販売されているスプレーではなく本格的な口臭ケアスプレーになります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ タブレットの口コミ 舌の汚れ対策 ドライマウスと口臭