舌の汚れの原因になる口呼吸の影響と口臭予防について

舌の汚れの原因になる口呼吸の影響と口臭対策について

舌の汚れの原因になる口呼吸の影響と口臭について 
舌の汚れの原因になりやすい口呼吸についてです。

 

口呼吸とは鼻ではなくて、口で呼吸をしている人になりますが、これが長引くことで舌が汚れやすい人が多いような感じがします。

 

自覚がなく意識していないと分からないもので、自然にそのようになっているケースが多く、それが影響されていることがあります。

 

子供の頃からそのようになっていることも多くあります。

 

体に害を少しぐらいしか与えませんが、舌の汚れにとっては大きなマイナスになります。

 

その行為がダメとは言えませんが、舌の汚れが気になる場合は少しだけ意識が必要です。

 

意識することで、鼻呼吸に戻すことも十分可能ですが、なぜ口呼吸になると舌がおごれやすくなって口臭なども発生しやすくなるのかお伝えします。

 

 

舌の汚れの原因に口呼吸が影響するのは口が乾燥するから!

舌のご汚れの原因になる口呼吸で口が乾燥して菌が増えるために舌が汚れるようになる 
口呼吸がなぜ舌の汚れの原因になるかというと、口で呼吸をすることで口が乾燥しやすくなるためです。

 

試しに口で大きく深呼吸をすると分かると思いますが、5回程度でもすぐに口が乾燥することを実感できると思います。

 

口が乾燥しているということは、菌を増やさないための唾液でもある抗菌成分や殺菌成分が口腔内にないとういことで、菌が増えやすくなって舌に多くの菌が集まるために舌の汚れや口臭が発生するようになります。

 

口腔内のトラブルは、舌のトラブルだけではなく、歯周病、歯槽膿漏、虫歯、口内炎、口臭、その他炎症などもすべて細菌が悪さをしていることになります。

 

食べかすがハグキに炎症を起こしたり、舌にトラブルが起こした入り、口臭を発生させることはとても難しいことです。

 

目に見えない生きている何者かが、口の中にいるためにトラブルを起こすことになります。

 

それが細菌になります。

 

口を中を不潔にしているからトラブルが起こるというよりも、細菌を増やしてしまう環境がどこかにあるためにトラブルが起こりやすくなります。

 

舌の汚れもその理由に当てはまりますが、その汚れの原因に口呼吸も一つの理由になります。

 

口の中の環境は、そのようなトラブルを減らすために2つの武器を持っていますが、それが口腔内にいる善玉菌、唾液の作用によるものです。

 

舌の汚れの原因になる菌を除去するために唾液と善玉菌が抑えている 
この2つがトラブル菌を抑えていることになりますが、どちらかの働きが悪くなることで徐々にトラブル菌が口の中で勢力を増すようになります。

 

舌の汚れについては、何回かお伝えしていますが、舌に苔の菌が多く集まることで舌を汚れたように見せます。

 

本来はその汚れの事を舌苔(ぜったい)といいますが、舌苔の中に菌以外のものも含まれています。

 

ですが9割以上は、ほぼ細菌で埋め尽くされています。

 

舌の上だけではなく、舌の下、口の粘膜、ハグキや他の隙間などに潜んでいることになります。

 

舌は食べかすなどの栄養分などが残りやすいために、口の中では特に多く集まるところです。

 

代表的な菌では8種類ぐらいの菌が舌に多くいますが、それらが増えることで舌が汚れ、臭いを発生させるようになります。

 

ですので、舌苔と口臭はワンセットのようになっていて、舌苔が多くあるということは口臭も発生しやすいことになります。

 

その舌苔を抑えるのに唾液に含まれる抗菌、殺菌成分が働いていますので、それが口呼吸で、著しく口から減ってしまうことにもなるので舌苔もつきやすくなります。

 

 

舌の汚れの原因になる口呼吸はなぜなってしまう?

舌の汚れの原因になる口呼吸はなぜなってしまうのか 
口呼吸になってしまう理由は、鼻の疾患、鼻の気道の曲がり、口の筋力の低下、小さい頃からのクセ、などが原因として考えられます。

 

鼻の疾患というのは花粉症などのアレルギーのことで、鼻が詰まるこで鼻呼吸をするのが苦しくなり、口呼吸になってしまうケースです。

 

花粉症にように一時的なものであれば、鼻呼吸に戻りそうな感じもしますが、それがそのまま戻らないケースもあります。

 

慢性鼻炎の人であれば鼻づまりが、絶えず起こっていることになるので、口呼吸になりやすいといえます。

 

鼻の気道が曲がっている人というのは、鼻の通り道が生まれつき曲がっている人がいます。

 

その場合は、どちらかの気道の通り道が悪いことが多く、その影響から口呼吸になってしまうケースです。

 

これは手術して治すしか方法がありませんが、鼻で呼吸をするように意識することで変えることは可能です。

 

口の筋力の低下については下記の記事を参考にして下さい。

 

 

舌の汚れの原因と筋力の低下

 

 

小さい頃からのクセ、というのは小さいときに鼻炎などを経験して、それがキッカケで口呼吸になってしまうケースです。

 

現在の子供にも多く、それが当たり前のようになっている事があります。

 

その口で呼吸をすることに違和感がないために、そのまま成長してしまうことがあります。

 

自覚がないことになります。

 

唾液の分泌は若いときであれば活発ですが、やはり年齢の影響から徐々に分泌は悪くなってきます。

 

その唾液の分泌が低下したところに、口呼吸はさらに追い打ちをかけるようになるので注意が必要です。

 

舌苔がつきやすくなるのは、これだけの理由ではありませんが、原因に一つになるのは間違いないことです!

 

他の人の意見も聞いてみる

 

 

舌ケアタブレットランキング

舌ケアタブレット特徴

スポンサードリンク


関連ページ

舌の汚れはなぜつくのか原因を知りたい!口臭予防について
舌の汚れはなぜつくのか原因を知りたい!口臭予防についてです。舌が汚れると口臭になりやすくなりますがその舌の汚れの原因についてです。原因はドライマウス、口のケア不足、細菌のバランス、薬、噛み合わせ、筋力の低下、ストレス、ホルモンの影響などです。
舌の汚れの原因になるドライマウスの影響とは?
舌の汚れの原因になるドライマウスの影響とは?舌の汚れの原因になるドライマスについてです。ドライマスとは口が乾燥することですが、その乾燥によって舌が汚れやすくなります。唾液の分泌が悪いことが原因ですがどのようなことかお伝えします。
舌の汚れの原因と口臭になる細菌バランスの崩れとは?
舌の汚れの原因と口臭になる細菌バランスの崩れとは?についてです。舌の汚れ舌苔ですが口腔内の細菌バランスが崩れることでもつきやくなります。口には善玉菌、悪玉菌、日和見菌がいます。この細菌バランスが影響されて舌の汚れる原因になることがあります。
舌の汚れと口臭の原因にもなる薬の影響とは?
舌の汚れのと口臭の原因にもなる薬の影響とは?についてです。薬や医薬品の影響から副作用で舌が汚れやすくなることがあります。唾液の分泌量を低下させ菌を増やしやすくさせたり口の中にいる細菌自体に影響を与えバランスが崩れて舌の汚れが多くなることがあります。
舌の汚れの原因は筋力の低下も影響する?口臭との関係とは
舌の汚れの原因は筋力の低下も影響する?口臭との関係とは?についてです。舌の汚れの原因で口周りの筋肉量が落ちることで口が開きやすくなりそれが影響で口が乾燥して舌が汚れやすくなることがあります。その原因についてお伝えしますので参考にして下さい。
舌の汚れの原因になるストレスの影響と口臭について
舌の汚れの原因になるストレスの影響と口臭についてです。舌の汚れの原因にストレスの影響も考えられます。ストレスをうけることで自律神経に影響されて唾液の分泌量を低下させ口が乾燥させやすく舌に汚れがつきやすくもあります。どのようなことがお伝えします。
舌の汚れの原因でホルモンの影響と口臭について
舌の汚れの原因でホルモンの影響と口臭についてです。ホルモンは男性と女性に分かれますが基本的な働きは変わりませんけど減少することで自律神経に影響されて唾液の分泌量を減らし舌を汚れやすくさせます。その詳細についてお伝えしますので参考にして下さい。
女性に多い舌の汚れの原因と更年期障害の関係
女性に多い舌の汚れの原因と更年期障害の関係についてです。舌の汚れの原因の一つに更年期障害があります。女性ホルモンの影響から自律神経にも影響され唾液の分泌量が減ることで舌が汚れやすくなります。男性にも当てはまりますので参考にして下さい。
舌の汚れが取れない!舌苔の原因と解決する方法
舌の汚れが取れない!舌苔の原因と解決する方法についてです。舌ブラシや器具を使用しても舌の汚れが取れないのは器具自体が汚れまで届いていないことが原因です。舌の構造を理解すると分かりますが舌の汚れが取れない理由と改善方法をお伝えしています。
舌の汚れがつきやすいし口臭がある!その原因と解決方法
舌の汚れがつきやすいし口臭がある!その原因と解決方法についてです。舌が汚れやすいのは口腔内に細菌が増える環境があるために舌が汚れがつきやすくなります。口臭も発生することになりますがおすすの口臭タブレットも紹介していますので参考にして下さい。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ タブレットの口コミ 舌の汚れ対策 ドライマウスと口臭