舌の汚れの原因と口臭!細菌のバランスの影響

舌の汚れの原因と口臭になる細菌バランスの影響とは?

舌の汚れの原因になる細菌バランスの影響について 
舌の汚れと口臭の原因になる口腔内の細菌バランスの崩れについてです。

 

口の中には、色々な菌がいることは小さい頃から知っている人は、ほとんどだと思います。

 

身近な菌では、歯周病菌、虫歯菌などですが、このどちらかの病気をした経験がある人も多いと思います。

 

口の病気というとこの2つがクローズアップされますが、そのような菌もいれば他の働きをする菌は口にたくさんいます。

 

その細菌の仲間に舌を汚す菌がいることで、舌を白く見せたり、汚れに見せたり、臭いを発生させたりします。

 

そうなってしまう理由の一つに、口腔内の細菌バランスが崩れることも舌を汚す理由の一つになります。

 

どのようなことかお伝えします。

 

 

舌の汚れの原因と口臭になる細菌バランスの崩れとは?

舌の汚れの原因は口の中の善玉菌、悪玉菌、日和見菌の細菌バランスの崩れることで汚れやすくなる 
口腔内の細菌バランスが崩れることで舌が汚れやすくなるのは、舌のコケを増やす細菌が舌に多くなるためです。

 

口の中には通性レンサ球菌、ベイヨネラ、通性ジフテロイド、ブドウ球菌、バクテロイデス、カンピロバクター、フゾバクテリウム、グラム陰性桿菌などたくさんの種類の菌がいますが、種類にすると約400種類上になります。

 

これは大きく分けると、善玉菌、悪玉菌、日和見菌と分けることができます。

 

この中に病気をさせる菌や舌を汚す菌、そしてそのような細菌を抑える菌がいることになります。

 

これは体にいる菌は、このようなバランスになっています。

 

腸内細菌、体中にいる皮膚の細菌、頭皮、足、ワキについても同じです。

 

悪さをする菌もいれば、必ずそれらから守る菌も存在しているということです。

 

これが口の中でいうと悪さをするような歯周病菌や虫歯菌、舌を汚すような菌しかいなければ、口腔内は毎日のようにトラブルが起こることになります。

 

腸内細菌も同じことで、悪玉菌や日和見菌しかいなければ腸内の働きが悪くなり、トラブルが起こります。

 

皮膚についても外部の細菌を増やさないようする細菌がいないと、皮膚の病気や体臭にもなりやすくなります。

 

そのような細菌のバランスが良いことで、病気にもなりづらくトラブルにもなりづらくなっています。

 

口の中にもそのようなバランスが存在していることになりますが、舌が汚れるということは、善玉菌ではなくて、悪玉や日和見菌の仲間が口の中で優勢になり、舌を汚していることになります。

 

細かく分けると舌の汚れは舌苔といいますが、唾液ムチン、剥落上皮、脂肪球、色素、白血球、食物残渣、微生物となります。

 

少し噛み砕くと、唾液、口の中の皮が剥がれたもの、脂肪の膜、色、免疫細胞、食べかす、細菌という意味になります。

 

舌苔と言われるものの中には、色々なものが付着していることが分かると思いますが、舌に微生物が多くなることで舌を白くさせ口臭を強くさせます。

 

その原因の一つになるのが口腔内の細菌バランスということになります。

 

 

舌の汚れの原因と口臭になる細菌バランスはなぜ崩れるの?

舌の汚れの原因!細菌バランスが崩れてしまう理由について 
舌が汚れやすくなる原因の一つに口腔内の細菌バランスの崩れということになりますが、なぜ細菌バランスが崩れるのかということになります。

 

 

腸内細菌でいうと加齢で免疫力が低下する、肉類などを多く取る、未消化の物が多い、ストレス、薬品の影響、腸内の働きが悪い、などから細菌バランスが崩れ、悪玉菌や日和見菌が優勢になり、腸内でトラブルを起こしていきます。

 

口の中でいうと加齢、唾液が不足している、薬品の影響、ストレス、口呼吸などが影響されます。

 

唾液が不足すると菌のバランスが崩れるのは菌を抗菌、殺菌するものが唾液に含まれています。

 

加齢で不足もしていきますが、ストレスなどが影響され唾液の分泌量を減らすこともあります。

 

口呼吸については、そのままですが口で呼吸をすることで口内が乾燥しやくなって細菌バランスが崩れやすくなります。

 

そして薬品の影響です。

 

これは口の中の口内炎やその他の歯周病などの病気、または口のケアのためにマウスウオッシュ、歯磨き粉に使用されている薬品の成分、などを使用することで、細菌バランスが崩れるケースです。

 

抗生物質なども代表的ですが、薬の殺菌、抗菌は確かに強力に菌を死菌にさせることができます。

 

ただ、口の中も体の中も先ほど話した通り、体に必要な菌もいれば、増えてほしくない菌もいます。

 

薬の場合は、この有無が判断できないために、手当たり次第に菌を抗菌、殺菌してしまいます。

 

それが薬品による副作用になりますが、薬の場合は一時的になることがほとんどです。

 

そのような影響から口腔内の細菌バランスが崩れてしまうケースがあります。

 

特に歯周病などの対策でそのような薬品関係のものを使用している人は、少しだけ注意が必要です。

 

他の人の意見も聞いてみる

 

 

舌ケアタブレットランキング

舌ケアタブレット特徴

スポンサードリンク


関連ページ

舌の汚れはなぜつくのか原因を知りたい!口臭予防について
舌の汚れはなぜつくのか原因を知りたい!口臭予防についてです。舌が汚れると口臭になりやすくなりますがその舌の汚れの原因についてです。原因はドライマウス、口のケア不足、細菌のバランス、薬、噛み合わせ、筋力の低下、ストレス、ホルモンの影響などです。
舌の汚れの原因になるドライマウスの影響とは?
舌の汚れの原因になるドライマウスの影響とは?舌の汚れの原因になるドライマスについてです。ドライマスとは口が乾燥することですが、その乾燥によって舌が汚れやすくなります。唾液の分泌が悪いことが原因ですがどのようなことかお伝えします。
舌の汚れと口臭の原因にもなる薬の影響とは?
舌の汚れのと口臭の原因にもなる薬の影響とは?についてです。薬や医薬品の影響から副作用で舌が汚れやすくなることがあります。唾液の分泌量を低下させ菌を増やしやすくさせたり口の中にいる細菌自体に影響を与えバランスが崩れて舌の汚れが多くなることがあります。
舌の汚れの原因は筋力の低下も影響する?口臭との関係とは
舌の汚れの原因は筋力の低下も影響する?口臭との関係とは?についてです。舌の汚れの原因で口周りの筋肉量が落ちることで口が開きやすくなりそれが影響で口が乾燥して舌が汚れやすくなることがあります。その原因についてお伝えしますので参考にして下さい。
舌の汚れの原因になるストレスの影響と口臭について
舌の汚れの原因になるストレスの影響と口臭についてです。舌の汚れの原因にストレスの影響も考えられます。ストレスをうけることで自律神経に影響されて唾液の分泌量を低下させ口が乾燥させやすく舌に汚れがつきやすくもあります。どのようなことがお伝えします。
舌の汚れの原因でホルモンの影響と口臭について
舌の汚れの原因でホルモンの影響と口臭についてです。ホルモンは男性と女性に分かれますが基本的な働きは変わりませんけど減少することで自律神経に影響されて唾液の分泌量を減らし舌を汚れやすくさせます。その詳細についてお伝えしますので参考にして下さい。
舌の汚れの原因になる口呼吸の影響と口臭について
舌の汚れの原因になる口呼吸の影響と口臭予防についてです。舌の汚れの原因に口呼吸も影響することがあります。鼻呼吸ではなくて口呼吸になってしまうのは大きく4つぐらいの原因があります。その原因と口呼吸による影響についてお伝えしますので参考にして下さい。
女性に多い舌の汚れの原因と更年期障害の関係
女性に多い舌の汚れの原因と更年期障害の関係についてです。舌の汚れの原因の一つに更年期障害があります。女性ホルモンの影響から自律神経にも影響され唾液の分泌量が減ることで舌が汚れやすくなります。男性にも当てはまりますので参考にして下さい。
舌の汚れが取れない!舌苔の原因と解決する方法
舌の汚れが取れない!舌苔の原因と解決する方法についてです。舌ブラシや器具を使用しても舌の汚れが取れないのは器具自体が汚れまで届いていないことが原因です。舌の構造を理解すると分かりますが舌の汚れが取れない理由と改善方法をお伝えしています。
舌の汚れがつきやすいし口臭がある!その原因と解決方法
舌の汚れがつきやすいし口臭がある!その原因と解決方法についてです。舌が汚れやすいのは口腔内に細菌が増える環境があるために舌が汚れがつきやすくなります。口臭も発生することになりますがおすすの口臭タブレットも紹介していますので参考にして下さい。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ タブレットの口コミ 舌の汚れ対策 ドライマウスと口臭