口臭タブレットの成分でビフィズス菌の効果と特徴

口臭タブレットの成分でビフィズス菌の効果と働き

口臭タブレットの成分!ビフィズス菌の効果と働きについて 
口臭予防タブレットにビフィズス菌が使用されていることがありますが、口臭とどのような関係があるのかについてです。

 

ビフィズス菌というと便秘の解消で使用されることも多く、そちらの方のイメージが強いと思います。

 

ヨーグルトなどにも含まれているもので、聞いたことがない人はいないと思います。

 

口臭との関係でいうと、実は腸内と同じくそのままで口の中の菌のバランスを整える、口の臭い原因になる菌を減少させる、という働きになります。

 

口腔内はたくさんの菌がいますが、すべての菌が悪さをする菌ではなくて、そのような菌を抑える菌も数多くいます。

 

種類で400種類以上、数にすると5000億個以上になります。

 

口の中には常に5000億以上の細菌にがいることになります。

 

これはその人の口の環境で数などは変わりますが、少なくても3000億以上はいることになります。

 

これが寝ている間、歯磨きした後、食後などで口の中の菌の数が変化して、ある人はバランスと崩したり、ある人は口臭の原因になったり、ある人は舌苔が多くなったりします。

 

その菌に対して、ビフィズス菌がどのような働きをして口臭も抑えることができるのかお伝えします。

 

 

口臭タブレットの成分!ビフィズス菌の働きとは

口臭タブレットの成分!ビフィズス菌の効果は口の菌のバランスと悪玉菌を減少させる働き 
ビフィズス菌の働きは、先ほど話した通りで、菌のバランスと口の臭い原因になる菌を減らすのに働きます。

 

そもそもビフィズス菌とは?ということですが、酸素を必要としない細菌のことで、すべての動物の腸内に生息していている菌のことです。

 

誰でも生まれた瞬間はお腹の中は無菌の状態ですが、産道を通るとき、膣にいる細菌、空気中の細菌、院内の細菌によって菌が住み着くようになり、母乳からビフィズス菌の数が一気に増加します。

 

ビフィズス菌は免疫と、とても深い関係にあって、そのためビフィズス菌が増加すると思われますが、そのようなことから腸内に住み着くようになります。

 

そこから悪玉菌、日和見菌と揃い、腸内のバランスを保つようになります。

 

そのバランスがそのまま口腔内にも存在するために口臭や病気の原因になります。

 

歯周病菌のような日和見菌、口臭の原因になる悪玉菌、そしてそれを抑える善玉菌、この3つのバランスで成り立っています。

 

歯磨きをしっかりとしているのに口臭が強くなる、舌が汚れやすくなる、口の病気が多くなる、というのは口内細菌の力関係が関係していていることになります。

 

なぜ菌のバランスを崩すのかは、いろいろな原因がありますが、それを整えるのにビフィズス菌は働きます。

 

細菌バランスを整えて、悪玉菌や日和見菌を減少させるので口臭や口の病元気も落ち着くということです。

 

そのビフィズス菌をタブレットに配合することで錠剤のため、長く口の中に成分をとどめておくことができます。

 

そのような利点があるために口臭タブレットとして使用されていることになります。

 

乳酸菌についても同じです。

 

 

口臭タブレットの成分!ビフィズス菌のその他の働き

口臭タブレットの成分!ビフィズス菌のその他の働きについて 
ビフィズス菌のその他の働きは、善玉菌を増やす働きです

 

今は色々なビフィズス菌や乳酸菌が見つかっていますが、外部から新しく取ったものに関しては、人間の体に定着することがなく、使用されればそのまま便と一緒に排出されてしまいます。

 

良く生菌の方が良い、死菌の方が良い、などありますが、あまりここにこだわっても意味がないとはいえませんが、働きはあまり変わりがありません。

 

あまり変わらない、ほとんど変化ないことにこだわっても時間の無駄になるだけのように思えます。

 

これは私が実際にビフィズス菌の死菌と生菌でメーカーサプリメントとして作ってもらい試してみましたが、ほとんど変化がありません。

 

このときには便秘対策のサプリメントとして知人と私が使用しましたが、ほとんど変化がありませんでした。

 

ただ、知人の方は、ビフィズス菌で花粉症が良くなったことに驚いていました。

 

今から数十年も前の話しです。

 

それから私が広めたわけではありませんが、ちらほらとそのような人が多くなってきています。

 

どちらにしてもビフィズス菌は口の中でも体内でもプラスの働きしかしませんので、タブレットに使用されていれば歓迎できる成分になります。

 

乳酸菌とは少し違いますが似たようなものです。

 

乳酸菌とビフィズス菌の違いとして、また今度詳しく説明したいと思いますが、口臭対策になるのは間違いがない菌になります!

 

 

 

口臭ブレットランキング

口臭ブレット口コミ


口臭ブレットの特徴

口臭ブレットの成分


スポンサードリンク


関連ページ

口臭タブレットの成分!ラクトフェリンの効果とは
口臭タブレットに使用される成分!ラクトフェリンの効果とは?についてです。口臭タブレットに最近使用されるようになったラクトフェリンですがど人間も持つ抗菌成分のことになります。ヨーグルトなどにも入っているもので口臭ケアとしてどのような効果があるのかお伝えします。
口臭タブレットの成分!プロポリスの効果とは
口臭タブレットの成分でプロポリスの効果についてです。ごく消臭のタブレットにしか使用されていませんがプロポリスが口臭タブレットに使用されていることがあります。ミツバチが作り出す成分のことで殺菌力に優れた効果があります。口臭の効果についてお伝えします。
口臭タブレットの成分!コエンザイムQ10の効果とは
口臭タブレットの成分!コエンザイムQ10の効果とは?についてです。コエンザイムQ10と聞くとイメージしづらいですが抗酸化作用がある酵素、補酵素のことで病院の薬にも配合され使用されていますが口臭と何が関係あるのか特徴と働きをお伝えしています。
口臭タブレットの成分で乳酸菌は口の臭いに効果がある?!
口臭タブレットの成分で乳酸菌は口の臭いに効果がある?についてです。これはビフィズス菌と同じく乳酸菌は口臭のケアとして成り立ちます。口の中の菌のバランスと臭い菌を抑えることができます。口にはたくさんの菌がいますがどのようなことか詳細をお伝えします。
口臭タブレットの成分!ユーカリと口の臭いの関係
口臭タブレットの成分!ユーカリと口の臭いの関係についてです。ユーカリはコアラが食べるもので有名ですが口臭の対策と口の病でもある歯周病の対策に優れた効果を発揮します。すでにそれが証明されていますがどのような働きをするのかお伝えします。
口臭タブレットの成分!ラクトパーオキシターゼの効果
口臭タブレットの成分!ラクトパーオキシターゼの効果についてです。ラクトパーオキシターゼとうのは酵素のことで唾液にも含まれている口臭に役立つ成分のことです。単体では力を発揮しませんがあるものと合わさることで口臭の対策になります。参考にして下さい。
口臭タブレットの成分でパセリオイルの効果とは
口臭タブレットの成分でパセリオイルの効果とは?についてです。口臭予防タブレットにパセリオイルという成分が配合されていることがあります。このパセリオイルの効果と特徴についてです。口臭ケアタブレットに配合することでどのような働きをするのかお伝えします。
口臭ケアタブレットの成分でメントールの効果とは?
口臭ケアタブレットの成分でメントールの効果とは?についてです。メントールというのはハッカの成分のことで天然のものと化学合成したものに分かれます。口臭のタブレットに使用されることがありまますがどのような特徴と効果があるのかお伝えします。
口臭タブレットの成分でローズマリーの効果と特徴
口臭タブレットの成分でローズマリーの効果と特徴についてです。口臭予防タブレットに使用されることがあるローズマリーですが口臭とどのような効果や関係があるのかお伝えしています。ハーブでよとて良い香りをさせますがチケットとして口の臭いを抑えることができます。
口臭タブレットに含まれる成分で納豆菌の効果とは?
口臭タブレットに含まれる成分で納豆菌の効果とは?についです。口臭を対策するタブレットで納豆菌を使用しているメーカーさんは1社しかなくとても珍しいですが口臭を消すのに役立つ成分になります。どのような口臭タブレットに使用することでどのような効果があるのかお伝えします。
口臭タブレットの成分でゲルマニウムの効果とは?
口臭タブレットの成分でゲルマニウムの効果とは?についてです。この成分も一部のメーカーさんしか使用していませんが口臭を消すタブレットに使用されています。口のケアと対策に役立つと言えば役立ちますが口臭タブレットにどのような効果があるのかお伝えします。
口臭予防タブレットの成分でLロイテリ菌の働きとは
口臭予防タブレットの成分でLロイテリ菌の働きとは!についてです。Lロイテリ菌というのは人由来の乳酸菌のことで他の乳酸菌とは少しだけ特徴や働きが違い優秀な乳酸菌といえます。口臭タブレットに使用されることで口臭や歯周病、舌の汚れなどを予防させることができます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ タブレットの口コミ 舌の汚れ対策 ドライマウスと口臭