口臭タブレットの成分!プロポリスの効果と特徴

口臭タブレットの成分!プロポリスの効果と働きについて

口臭タブレットの成分!プロポリスの働きと特徴について 
口臭タブレットの成分とプロポリスについてです。

 

口臭タブレットにごく少数ですがプロポリスという成分が使用されていることがありますが、プロポリスはミツバチが作り出す成分になります。

 

口臭や歯周病に関係する歯磨き粉、アメ、サプリメントと幅広い商品に利用されているので、認知度はある程度あるのではないでしょうか。

 

原液はとても苦いもので、そのまま使用してしまうと使用する側は苦手意識を持つかもしれません。

 

製品にされるときは、メーカーさんはその辺を考慮して製品としていますので、苦さは感じないと思います。

 

どこか懐かしいような特徴のある香りを放ちます。

 

ミツバチというとハチミツがお馴染みですけど、その他にローヤルゼリーなども作り出すことができて、何かと人間にとって良い成分を作り出します。

 

今回はプロポリスとうことですが、口臭に対してどのような働きと特徴があるのかお伝えします。

 

 

口臭タブレットの成分!プロポリスの働きと特徴について

口臭タブレットの成分!プロポリスの特徴は殺菌力 
プロポリスの特徴を一言でいうと「殺菌力と抗菌力」に長けた成分になります。

 

自然の植物、木の芽や樹液をミチバチが取り出して加工したものをプロポリスといいます。

 

蜂ヤニとも呼ばれていて、ヤニのように粘着性があります。

 

それをミチバチがどのように利用するかというと、自分達の巣の補強材や外壁の隙間を埋めるものとして利用していましたが、ただの補強材ではないことが後に分かりました。

 

当初はただの補強材のように見られていましたが、ミチバチの巣の中に虫や小動物が侵入して死んだときに、ミチバチがその死んだ虫などにプロポリスをたくさん塗ってミイラ化させたことが分かり、そこから研究が進んで殺菌力が強いことが分かりました。

 

ミイラ化にさせるので、悪臭を生み出す菌も発生しないことになります。

 

ミイラというとエジプトが有名ですが、そのミイラにも使用されていたのがプロポリスになります。

 

何千年と腐敗をさせることがなく、そのまま保存させる抗菌力や殺菌力には、素晴らしいの一言です。

 

そのようなことからいつしか天然の抗生物質と呼ばれるまでになりました。

 

巣の外壁にプロポリスを塗っているのも補強と同時に、外部からの菌やウイルスを侵入させないために塗っていたことになります。

 

その殺菌力と抗菌力を口臭タブレットにも利用することで、どのような効果があるのかイメージができると思います。

 

 

口臭タブレットの成分!プロポリスのまとめとその他の働き

口臭タブレットの成分!プロポリスの特徴とその他の働きについて 
プロポリスをまとめると口腔内の臭い菌や病気の菌を一網打尽にする成分ということになります。

 

歯磨き粉にも良く利用さるのもイメージがつくと思います。

 

ただ、プロポリスにもレベルみたいものが存在していて、どこで取れたかで価格も変わります。

 

ハチミツも良質な花などから蜜が取れる場所で取るのと、ゴミなどが多い場所、例えばゴミに混ざっているチョコレートからミチバチが採取したものではでは、同じ蜜であっても質が全くことになります。

 

これと同じくプロポリスもどこでミチバチが採取したものかで、働きは同じでも質が変わります。

 

プロポリスで有名な産地でいうとブラジルです。

 

そのためブラジル産のプロポリスは高値で取引がされますので、それが商品に影響されることもあります。

 

それだけ注目度が高い成分ですが、海外ではすでに薬として利用されています。

 

ブラジルなどでは、どこの薬局でも買えるポピュラーな民間薬として販売されています。

 

やけど、にきび、イボ、シミなどでも利用されています。

 

プロポリスは海外ではすでに薬として利用され日本でもその効果の研究が進んでいる 
海外では相当研究が進んでいますが、日本でも研究がされていて、1991年に日本癌学会総会で、プロポリスが腫瘍細胞を活発にさせるのを抑えたり、腫瘍細胞を死滅させたり物質が含まれていることが発表されています。

 

そこから急速に研究が進んだような状態です。

 

その研究が進んだことにより様々ことが分かってきました。

 

食中毒になるサルモネラ菌、胃潰瘍の原因になるピロリ菌、虫歯菌、歯周病菌、などに有効であることが分かっています。

 

インフルエンザに対しても有効であることが研究から分かっています。

 

血圧の低下、コレステロールの減少、花粉症など、菌とは関係ないものでも良い働きをします。

 

そのうち研究が進んで薬になる日もくるかもしれません。

 

口臭には、非常に役立つ成分になります。

 

 

 

 

口臭ブレットランキング

口臭ブレット口コミ


口臭ブレットの特徴

口臭ブレットの成分


スポンサードリンク


関連ページ

口臭タブレットの成分!ラクトフェリンの効果とは
口臭タブレットに使用される成分!ラクトフェリンの効果とは?についてです。口臭タブレットに最近使用されるようになったラクトフェリンですがど人間も持つ抗菌成分のことになります。ヨーグルトなどにも入っているもので口臭ケアとしてどのような効果があるのかお伝えします。
口臭タブレットの成分!コエンザイムQ10の効果とは
口臭タブレットの成分!コエンザイムQ10の効果とは?についてです。コエンザイムQ10と聞くとイメージしづらいですが抗酸化作用がある酵素、補酵素のことで病院の薬にも配合され使用されていますが口臭と何が関係あるのか特徴と働きをお伝えしています。
口臭タブレットの成分でビフィズス菌の効果とは?
口臭タブレットの成分でビフィズス菌の効果とは?についてです。ビフィズス菌は乳酸菌と同じく善玉菌を助ける効果があります。口の中にも善玉菌がいるのでその菌を活性化させるのに役立ちます。それが口臭のケアとどのような関係があるのかお伝えしています。
口臭タブレットの成分で乳酸菌は口の臭いに効果がある?!
口臭タブレットの成分で乳酸菌は口の臭いに効果がある?についてです。これはビフィズス菌と同じく乳酸菌は口臭のケアとして成り立ちます。口の中の菌のバランスと臭い菌を抑えることができます。口にはたくさんの菌がいますがどのようなことか詳細をお伝えします。
口臭タブレットの成分!ユーカリと口の臭いの関係
口臭タブレットの成分!ユーカリと口の臭いの関係についてです。ユーカリはコアラが食べるもので有名ですが口臭の対策と口の病でもある歯周病の対策に優れた効果を発揮します。すでにそれが証明されていますがどのような働きをするのかお伝えします。
口臭タブレットの成分!ラクトパーオキシターゼの効果
口臭タブレットの成分!ラクトパーオキシターゼの効果についてです。ラクトパーオキシターゼとうのは酵素のことで唾液にも含まれている口臭に役立つ成分のことです。単体では力を発揮しませんがあるものと合わさることで口臭の対策になります。参考にして下さい。
口臭タブレットの成分でパセリオイルの効果とは
口臭タブレットの成分でパセリオイルの効果とは?についてです。口臭予防タブレットにパセリオイルという成分が配合されていることがあります。このパセリオイルの効果と特徴についてです。口臭ケアタブレットに配合することでどのような働きをするのかお伝えします。
口臭ケアタブレットの成分でメントールの効果とは?
口臭ケアタブレットの成分でメントールの効果とは?についてです。メントールというのはハッカの成分のことで天然のものと化学合成したものに分かれます。口臭のタブレットに使用されることがありまますがどのような特徴と効果があるのかお伝えします。
口臭タブレットの成分でローズマリーの効果と特徴
口臭タブレットの成分でローズマリーの効果と特徴についてです。口臭予防タブレットに使用されることがあるローズマリーですが口臭とどのような効果や関係があるのかお伝えしています。ハーブでよとて良い香りをさせますがチケットとして口の臭いを抑えることができます。
口臭タブレットに含まれる成分で納豆菌の効果とは?
口臭タブレットに含まれる成分で納豆菌の効果とは?についです。口臭を対策するタブレットで納豆菌を使用しているメーカーさんは1社しかなくとても珍しいですが口臭を消すのに役立つ成分になります。どのような口臭タブレットに使用することでどのような効果があるのかお伝えします。
口臭タブレットの成分でゲルマニウムの効果とは?
口臭タブレットの成分でゲルマニウムの効果とは?についてです。この成分も一部のメーカーさんしか使用していませんが口臭を消すタブレットに使用されています。口のケアと対策に役立つと言えば役立ちますが口臭タブレットにどのような効果があるのかお伝えします。
口臭予防タブレットの成分でLロイテリ菌の働きとは
口臭予防タブレットの成分でLロイテリ菌の働きとは!についてです。Lロイテリ菌というのは人由来の乳酸菌のことで他の乳酸菌とは少しだけ特徴や働きが違い優秀な乳酸菌といえます。口臭タブレットに使用されることで口臭や歯周病、舌の汚れなどを予防させることができます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ タブレットの口コミ 舌の汚れ対策 ドライマウスと口臭