口臭タブレットの成分!ラクトフェリンの効能

口臭タブレットの成分!ラクトフェリンの効果と特徴について

口臭タブレットの成分!ラクトフェリンの効果と特徴について 
口臭タブレットに使用されているラクトフェリンという成分についてです。

 

ここ最近使用されるようになった成分で、口臭タブレットだけではなくヨーグルトや他の整腸作用のあるサプリなどにも使用されています。

 

横文字なのでイメージしづらいですが、一言でいうと抗菌成分のことになります。

 

英語になっていますがラクトは乳、フェリンは鉄ということで乳と鉄に関係する成分ということになります。

 

なぜ乳と鉄が口臭のケアと関係するのか、ここも分かりづらいところかもしれません。

 

ただ、何も意味がなければ口臭タブレットにも使用されないことになりますが、どのような効果や特徴があるのかお伝えしますので参考にして下さい。

 

 

口臭タブレットの成分!ラクトフェリンの特徴と働き

口臭タブレットの成分でラクトフェリンは母乳や涙にも含まれていて人間が持っている成分。 
ラクトフェリンは人間が化学的に作り出した成分ということではなくて、人間も元から持っている物質になります。

 

体の外に分泌されるものでは、母乳、涙、汗、唾液などに含まれています。

 

発見されたのは1939年ぐらいで、牛乳中に含まれるものから最初に発見されています。
ラクトフェリンの特徴は、強力な抗菌力を持つことが特徴です。

 

抗菌とは菌からエサを奪うことで、正確にいうと菌が育つのに鉄が必要になります。

 

その鉄というエサをラクトフェリンは奪い去ることができるので、菌の増殖を抑えることができます。

 

ただ、その抗菌力が口に中にいるすべての菌に働いてしまうと大変なことになってしまいます。

 

口の中にはグラム陽性菌、グラム陰性菌など、聞いたことがないような菌がおびただしくいて、数にすると平均5000億個ぐらいと言われています。

 

菌の数に関しては、その人のケアの仕方で個数は変わりますが、どんなに口のケアとしたとしても3000億個ぐらいはいるということです。

 

口臭の原因になるのは菌ということになりますが、この口腔内にいるすべての菌が臭いを発生させるのではなく、この中に臭いを強くだす菌がいることで口臭が強くなります。

 

大きく分けると口腔内は善玉菌、悪玉菌、日和見菌と分かれていて、口臭の原因になるのは悪玉菌で、歯周病などの口腔内の病気にさせるのが歯周病菌などの日和見菌になります。

 

口腔内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌がいてラクトフェリンは悪玉菌と日和見菌にしか作用しない 
悪玉菌や日和見菌がいなくなるのは喜ばしいことですが、それを抑えている善玉菌までも抗菌してしまうと口臭だけではなく、口のトラブルが絶えなくなってしまいます。

 

ラクトフェリンが優れているのは、その善玉菌には作用しないことです

 

薬でも抗菌するものはありますが、すべての菌に作用してしまうのが薬の副作用です。
一時的に菌を抑えるということで薬の抗菌は役立ちますが、口腔内の菌のバランスが後で崩れやくすくなります。

 

ラクトフェリンはその副作用がない抗菌物質なので、人間にとって都合の良いものになっています。

 

先ほども話しましたが、唾液にも少量だけ含まれているので、口の中の菌を調整していることになります。

 

それを培養して多くされたものが口臭タブレットに使用されることで、強力な口臭ケアと口のトラブルケアができることになります。

 

メーカーさんによっても変わりますが、どのくらいその成分が使用されているのか量も大事なポイントになります。

 

 

口臭タブレットの成分!ラクトフェリンの特徴と効果まとめ

口臭タブレットの成分!ラクトフェリンの効果と特徴のまとめ 
ラクトフェリンの効果と特徴をまとめると、必要のある菌を口に残して、必要のない菌の除去、ということになります。

 

結果的に口の中のバランスが整って、口臭の予防ができることになります。

 

臭い菌はハグキの間や口の粘膜、舌などに多くいますので、舌苔(ぜったい)が気になる人には非常に役立つことになります。

 

舌苔はコケの仲間の菌、臭い菌が多くなることで舌を白くみせ、臭いも発生させ口臭の原因になります。

 

そのような菌も除去できるので、舌苔もキレイにして臭いも抑えることができます。

 

口の中では、そのような働きがあり役立つことになりますが、体に侵入する菌に対しても同じ働きをします。

 

C型肝炎ウイルスという、ウイルスに感染した患者にラクトフェリンを投与すると、ウイルス濃度が減少することが分かっています。

 

C型肝炎ウイルスというのは肝硬変や肝臓がんなどの肝臓の病気にさせるウイルスのことです。

 

日本では約100万人の人が感染していると言われていますが、肝臓が沈黙の臓器と呼ばれているため、自覚がない人が多いのが現状です。

 

急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変と進み約20〜30年ぐらいで肝がんへと病気が進んでいきます。

 

検査でウイルスに感染しているか確認することができますが、ラクトフェリンはそのようなウイルス感染の排除にも期待ができます。

 

体の中では免疫系の白血球も、体に侵入した細菌に対してラクトフェリンを放出して細菌の感染を防いでいます。

 

中性脂肪やコレステロールなども減少させるので、ダイエットなどにも役立ちます。

 

タブレットに使用されているということは舐めて使用するので、それが口腔内だけでなく唾液と一緒に体の中に取り込むことができるので二度役立つことにもなります。

 

 

 

 

口臭ブレットランキング

口臭ブレット口コミ


口臭ブレットの特徴

口臭ブレットの成分


 

スポンサードリンク


関連ページ

口臭タブレットの成分!プロポリスの効果とは
口臭タブレットの成分でプロポリスの効果についてです。ごく消臭のタブレットにしか使用されていませんがプロポリスが口臭タブレットに使用されていることがあります。ミツバチが作り出す成分のことで殺菌力に優れた効果があります。口臭の効果についてお伝えします。
口臭タブレットの成分!コエンザイムQ10の効果とは
口臭タブレットの成分!コエンザイムQ10の効果とは?についてです。コエンザイムQ10と聞くとイメージしづらいですが抗酸化作用がある酵素、補酵素のことで病院の薬にも配合され使用されていますが口臭と何が関係あるのか特徴と働きをお伝えしています。
口臭タブレットの成分でビフィズス菌の効果とは?
口臭タブレットの成分でビフィズス菌の効果とは?についてです。ビフィズス菌は乳酸菌と同じく善玉菌を助ける効果があります。口の中にも善玉菌がいるのでその菌を活性化させるのに役立ちます。それが口臭のケアとどのような関係があるのかお伝えしています。
口臭タブレットの成分で乳酸菌は口の臭いに効果がある?!
口臭タブレットの成分で乳酸菌は口の臭いに効果がある?についてです。これはビフィズス菌と同じく乳酸菌は口臭のケアとして成り立ちます。口の中の菌のバランスと臭い菌を抑えることができます。口にはたくさんの菌がいますがどのようなことか詳細をお伝えします。
口臭タブレットの成分!ユーカリと口の臭いの関係
口臭タブレットの成分!ユーカリと口の臭いの関係についてです。ユーカリはコアラが食べるもので有名ですが口臭の対策と口の病でもある歯周病の対策に優れた効果を発揮します。すでにそれが証明されていますがどのような働きをするのかお伝えします。
口臭タブレットの成分!ラクトパーオキシターゼの効果
口臭タブレットの成分!ラクトパーオキシターゼの効果についてです。ラクトパーオキシターゼとうのは酵素のことで唾液にも含まれている口臭に役立つ成分のことです。単体では力を発揮しませんがあるものと合わさることで口臭の対策になります。参考にして下さい。
口臭タブレットの成分でパセリオイルの効果とは
口臭タブレットの成分でパセリオイルの効果とは?についてです。口臭予防タブレットにパセリオイルという成分が配合されていることがあります。このパセリオイルの効果と特徴についてです。口臭ケアタブレットに配合することでどのような働きをするのかお伝えします。
口臭ケアタブレットの成分でメントールの効果とは?
口臭ケアタブレットの成分でメントールの効果とは?についてです。メントールというのはハッカの成分のことで天然のものと化学合成したものに分かれます。口臭のタブレットに使用されることがありまますがどのような特徴と効果があるのかお伝えします。
口臭タブレットの成分でローズマリーの効果と特徴
口臭タブレットの成分でローズマリーの効果と特徴についてです。口臭予防タブレットに使用されることがあるローズマリーですが口臭とどのような効果や関係があるのかお伝えしています。ハーブでよとて良い香りをさせますがチケットとして口の臭いを抑えることができます。
口臭タブレットに含まれる成分で納豆菌の効果とは?
口臭タブレットに含まれる成分で納豆菌の効果とは?についです。口臭を対策するタブレットで納豆菌を使用しているメーカーさんは1社しかなくとても珍しいですが口臭を消すのに役立つ成分になります。どのような口臭タブレットに使用することでどのような効果があるのかお伝えします。
口臭タブレットの成分でゲルマニウムの効果とは?
口臭タブレットの成分でゲルマニウムの効果とは?についてです。この成分も一部のメーカーさんしか使用していませんが口臭を消すタブレットに使用されています。口のケアと対策に役立つと言えば役立ちますが口臭タブレットにどのような効果があるのかお伝えします。
口臭予防タブレットの成分でLロイテリ菌の働きとは
口臭予防タブレットの成分でLロイテリ菌の働きとは!についてです。Lロイテリ菌というのは人由来の乳酸菌のことで他の乳酸菌とは少しだけ特徴や働きが違い優秀な乳酸菌といえます。口臭タブレットに使用されることで口臭や歯周病、舌の汚れなどを予防させることができます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ タブレットの口コミ 舌の汚れ対策 ドライマウスと口臭