口臭タブレットの成分!ラクトパーオキシターゼと口の臭い

口臭タブレットの成分!ラクトパーオキシターゼの働き

口臭タブレットの成分!ラクトパーオキシターゼの効果について 
口臭タブレットの成分にラクトパーオキシターゼとう成分が使用されていることがありますが、この効果と働きについてです。

 

実は似たようなものでラクトフェリンというものがありますが、この成分とは少し異なるものになります。

 

ラクトフェリンとラクトパーオキシターゼは結構な頻度で、タブレット等に利用されているので、聞いたことがある人はいるかもしれません。

 

ラクトパーオキシターゼは口臭を抑える役割をするのは間違いないことで、ラクトフェリンと同じく人間も持ってる物質になります。

 

人間の乳や唾液にも含まれているもので、唾液には0.002mg程度含まれていていることが分かっています。

 

必要がないものであれば、唾液や乳などに含まれないものになりますが、必要性があるので含まれていることになります。

 

横文字でイマイチ分かりづらい成分とはいえますが、どのような口臭効果と働きがあるのかお伝えします。

 

 

口臭タブレットの成分!ラクトパーオキシターゼの効果は抗菌?

口臭タブレットの成分!ラクトパーオキシターゼの効果は抗菌力 
口臭タブレットに含まれているラクトパーオキシターゼの働きは、一言でいうと抗菌力ということになります。

 

ただ、直接この成分が口にいる臭い菌などを抗菌をするのではなくて、唾液や体液に含まれるチオシアンという過酸化水素から抗菌成分が作られます。

 

チオシアンというのは殺虫剤などに利用されることもあるもので、そこからラクトパーオキシターゼが加わり変化したものがチオシアン酸イオンを生成します。

 

分かりやすくいうと唾液に含まれるAという物質とラクトパーオキシターゼが加わることで強力な抗菌成分を作り出すということです。

 

唾液はただの水分ではなくて色々なものが含まれていることになります。

 

唾液アミラーゼ、アルブミン、グロブリン、ムチン、尿素、ナトリウム、カルシウム、リン酸カルシウム、リン酸ナトリウム、リゾチーム、ペルオキシターゼ、ヒスタチンとまだありますが、このように聞いたことがないようなものがたくさん含まれています。

 

このような物が唾液に含まれていることで口腔内の至るところの健康を保持していることなります。

 

それがドライマウスや口が乾燥しやすいなどと唾液の分泌が悪くなったりすると、どうなるかは予測ができると思います。

 

口の中の健康を守っているものが減ることで、徐々に口の環境が崩れて、口の病気や口臭などの原因になりやすくなります。

 

口のトラブルというと、ほとんどが口臭にしても菌が悪さをしますので、その菌を減らすのにラクトパーオキシターゼは効果があることになります。

 

ただし、単体では抗菌力もなく菌に対して効果を発揮しませので、唾液に含まれる成分が必要になります。

 

そのためタブレットに含めることで効果を発揮すます。

 

タブレットの場合は舐めるという行為になるため、そこから唾液の成分と合わさることで強力な抗菌力に変化させ、臭い菌や病原菌を抑える働きができます。

 

口臭対策タブレットに含まれるラクトフェリンの場合は、抗菌力をすでに持っていますが、ラクトパーオキシターゼの場合は唾液が必要になるということです。

 

2つとも元から人間が持っている成分ですが、それを多くすることで口内環境が整うことになります。

 

 

口臭タブレットの成分!ラクトパーオキシターゼのまとめ

口臭タブレットの成分!ラクトパーオキシターゼの効果のまとめ 
ラクトパーオキシターゼをまとめると唾液に含まれているもので、口臭菌や病原菌を抑えるのに必要なもの、ということになります。

 

分類的には「酵素」ということになります。

 

酵素は色々な働きがありますが、構造はタンパク質ということになります。

 

卵をイメージすると分かりやすいと思いますが、卵を割って白身の部分に熱を与えるとすぐに白く固まってしまいます。

 

この卵の白身もタンパク質です。

 

タンパク質は熱で通常のものと変わった性質になってしまいます。

 

これを熱変性といいますが、酵素も構造はタンパク質のため、熱で通常と変わった性質になってしまいます。

 

変性する温度は最高でも70℃ぐらいです。

 

ですのでアツアツの物を食べてしまうと、口の環境にとっても唾液にとってもマイナスの働きになります。

 

どうしても熱いものが好きな場合は、咀嚼の回数を増やすことで補うことができますが、なるべく熱いものを食べるときは注意した方が良いとも言えます。

 

どちらにしてもタブレットにラクトパーオキシターゼが含まれることで、口の環境と口臭を抑えることに期待ができます!

 

 

口臭ブレットランキング

口臭ブレット口コミ


口臭ブレットの特徴

口臭ブレットの成分


スポンサードリンク


関連ページ

口臭タブレットの成分!ラクトフェリンの効果とは
口臭タブレットに使用される成分!ラクトフェリンの効果とは?についてです。口臭タブレットに最近使用されるようになったラクトフェリンですがど人間も持つ抗菌成分のことになります。ヨーグルトなどにも入っているもので口臭ケアとしてどのような効果があるのかお伝えします。
口臭タブレットの成分!プロポリスの効果とは
口臭タブレットの成分でプロポリスの効果についてです。ごく消臭のタブレットにしか使用されていませんがプロポリスが口臭タブレットに使用されていることがあります。ミツバチが作り出す成分のことで殺菌力に優れた効果があります。口臭の効果についてお伝えします。
口臭タブレットの成分!コエンザイムQ10の効果とは
口臭タブレットの成分!コエンザイムQ10の効果とは?についてです。コエンザイムQ10と聞くとイメージしづらいですが抗酸化作用がある酵素、補酵素のことで病院の薬にも配合され使用されていますが口臭と何が関係あるのか特徴と働きをお伝えしています。
口臭タブレットの成分でビフィズス菌の効果とは?
口臭タブレットの成分でビフィズス菌の効果とは?についてです。ビフィズス菌は乳酸菌と同じく善玉菌を助ける効果があります。口の中にも善玉菌がいるのでその菌を活性化させるのに役立ちます。それが口臭のケアとどのような関係があるのかお伝えしています。
口臭タブレットの成分で乳酸菌は口の臭いに効果がある?!
口臭タブレットの成分で乳酸菌は口の臭いに効果がある?についてです。これはビフィズス菌と同じく乳酸菌は口臭のケアとして成り立ちます。口の中の菌のバランスと臭い菌を抑えることができます。口にはたくさんの菌がいますがどのようなことか詳細をお伝えします。
口臭タブレットの成分!ユーカリと口の臭いの関係
口臭タブレットの成分!ユーカリと口の臭いの関係についてです。ユーカリはコアラが食べるもので有名ですが口臭の対策と口の病でもある歯周病の対策に優れた効果を発揮します。すでにそれが証明されていますがどのような働きをするのかお伝えします。
口臭タブレットの成分でパセリオイルの効果とは
口臭タブレットの成分でパセリオイルの効果とは?についてです。口臭予防タブレットにパセリオイルという成分が配合されていることがあります。このパセリオイルの効果と特徴についてです。口臭ケアタブレットに配合することでどのような働きをするのかお伝えします。
口臭ケアタブレットの成分でメントールの効果とは?
口臭ケアタブレットの成分でメントールの効果とは?についてです。メントールというのはハッカの成分のことで天然のものと化学合成したものに分かれます。口臭のタブレットに使用されることがありまますがどのような特徴と効果があるのかお伝えします。
口臭タブレットの成分でローズマリーの効果と特徴
口臭タブレットの成分でローズマリーの効果と特徴についてです。口臭予防タブレットに使用されることがあるローズマリーですが口臭とどのような効果や関係があるのかお伝えしています。ハーブでよとて良い香りをさせますがチケットとして口の臭いを抑えることができます。
口臭タブレットに含まれる成分で納豆菌の効果とは?
口臭タブレットに含まれる成分で納豆菌の効果とは?についです。口臭を対策するタブレットで納豆菌を使用しているメーカーさんは1社しかなくとても珍しいですが口臭を消すのに役立つ成分になります。どのような口臭タブレットに使用することでどのような効果があるのかお伝えします。
口臭タブレットの成分でゲルマニウムの効果とは?
口臭タブレットの成分でゲルマニウムの効果とは?についてです。この成分も一部のメーカーさんしか使用していませんが口臭を消すタブレットに使用されています。口のケアと対策に役立つと言えば役立ちますが口臭タブレットにどのような効果があるのかお伝えします。
口臭予防タブレットの成分でLロイテリ菌の働きとは
口臭予防タブレットの成分でLロイテリ菌の働きとは!についてです。Lロイテリ菌というのは人由来の乳酸菌のことで他の乳酸菌とは少しだけ特徴や働きが違い優秀な乳酸菌といえます。口臭タブレットに使用されることで口臭や歯周病、舌の汚れなどを予防させることができます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ タブレットの口コミ 舌の汚れ対策 ドライマウスと口臭